法科大学院卒業生専門の就職相談室です。

履歴書、自己PR書の添削、面談指導、公務員対策、進路相談などのお悩みを

年間300名前後のロースクール卒業生(司法試験経験者)の就職相談を受けたコンサルタントが解決します。

※無料添削サービスの特典付き(履歴書・自己PR書、エントリーシートなど)

>> 学習塾の講師募集(正社員、週30時間勤務、社会保険完備など働きやすい環境) <<

応募書類・面接のアドバイス

内定への突破口を開きます。

進路の方向性を明確にします。

就活コンサルタントの視点
法務ほど知識のインプットを必要とされる職種はない。それにもかかわらずキャリア向上を会社や仕事の変化に求めるのは論外です。
株式会社G-styleが経理、総務職を募集しています。未経験でも応募可能なようです。
数年前から有資格者を求める法務求人が増えましたね。司法試験合格者が急増した今日、合格者にとっては貴重な就職先となっています。では、弁護士資格を持たない法科大学院卒業生はどうしたら良いのでしょうか。
2007年から法科大学院卒業生と関わってきたわけですが、これまで様々な方の面談をさせていただきました。そして、その後の進路や状況は様々です。
近年、法科大学院生も受け付ける人材紹介会社も増えましたね。ただ、人材紹介会社のスキルはまちまちなので、自分のお気に入りを探しましょう。
就活解禁となり、このサイトのアクセスも増えてきました。法科大学院卒業生(在学生)のなかには新卒の学生に混じって就活をされる方も多いと思いますが、、
司法試験の受験回数が残っているが、来年30歳になるということで司法試験を諦めて就職活動を始めた方が良いのか、という相談は毎年受ける相談です。
相談者のなかにたまに「自分は会社組織にあわない」なんてことを言ってくる人がいますが、それを語っている「自分」とはなんでしょうか。
数年間、司法試験合格に向けて勉強してきた司法試験受験生にとって、勉強以外の「経験値」を求められるのは厳しい面がありますが、それは現実として受け止め、少しでも多種な経験値を積み上げる必要があります。
法科大学院卒業生の履歴書は1000枚以上は見たのではないかと思います。今日は、簡単に履歴書の気を付けるべきポイントについて書きたいと思います。
司法試験経験者が就活する際に役立つ資格は、ビジネス法務検定、TOEIC、知的財産管理技能検定、行政書士です。
ハローワーク経由で未経験から法務に就職するロースクール卒業生は、毎年一定以上います。ただ、ハローワーク経由での就職活動は注意が必要です。
自己PR書に書くネタがないという相談は、よくいただきます。相談に来るロースクール卒業生の約3人に1人は、このことで悩まれています。
法科大学院卒業生から、公務員になるべきか、民間に就職すべきかという相談は毎年、一定数いただきます。決めるポイントはどこでしょうか。
就活において、志望動機や自己PRも大事ですが、大きな視点で就職活動を取り組むことも大事です。
司法試験経験者からよくある質問として、ベンチャー企業と大企業のどちらが良いのかという質問があります。